東成った企業


東成区に住む方はどなたもご存知だと思うのですが東成区には大きな企業が結構本社を構えています。特に深江にはいくつかの会社があり、代表されるのは事務製品のコクヨ、ペットフードのドギーマン(最近できた)、大阪書籍、ヤマト消火器など。大阪城の近くにはコピーの三田などもあります。大きな企業ではないけど中堅の工業機器やベンチャーなツールを製造する工場もたくさんあり、中でもコクヨは結構歴史が古いそうで、婆ちゃんが言うには昔は『コクヨ便箋』という名前だったそうで、パートなど深江界隈の人にとってはいい働き場所だったそうです。
ドギーマンはやしは最近深江に社屋を建てました。1階に結構大型のペット専門店があり、土日には近郊からペットグッズを買いに来るユーザーで人がたえません。たまに暇つぶしに犬猫を見に行ったりするのですが、いつも思うのはこれだけでっかいビルの中がすべてペットフード関係の事務だけしてる事務所なのかな?という事です。考えるとちょっと不思議なのですが、聞くところによると、中にはトリミング?の専門学校などを最近開校したようでそばにマクドナルドも出来たのでお昼は学生であふれかえるのではないのでしょうか?
大阪書籍と言うのは聞きなれない名前かもしれませんがココは実はすごい出版社?で、文部省教科書審議会?認定の教科書を作っているのです。コクヨの近くなので深江にしたのでしょうか?良く知りませんが。
ヤマト消火器は深江橋にあるのですが消火器というのは日本全国どこにでも置いてありますのでいろんなとこで見かけます。消防署の近くに本社があるのはさすがだなと思いました。

これだけ企業が集まるのはもしかしたら風水学的なことなんかも関係あるのでしょうか??
ココだけの話ですが、Drコパが北に黄色をおけば良いと言っていたんで我が家は北にピカチューを置いています。



ドギーマンの看板は夜、ふらふらに酔っぱらって終電で帰るときでも布施から歩く目印になります

戻る